あと30年!今の仕事を続けるか?転職か?

スポンサーリンク

 

もと夫です!

僕はアラサーの普通のサラリーマン。

最近、若手ではなく中堅以上の経験ある人が転職するケースが増えてきたなぁと感じます。

少し前までは35歳転職限界説なんて言われていたのにどうして!?

・・・色々思うところがあり記事にしてみました。

 

僕は働き始めて10年ほど経ち、担当している仕事はかなり回せるようになってきました。

自分で色々判断したり・・・
客先などと打ち合わせしたり・・・
部下を持って指導する立場になったり・・・

自分で仕事を回している感が強くなって仕事が楽しくなってきました。

入社5年目くらいまでは分からないことが多すぎて、注意されることも多かったりしたので、楽しいというよりはむしろ辛かった。。。

だから、最近仕事を少し楽しいと思えるようになってきたのって自分としても結構びっくりなことだったりします。

で、この「楽しい」って気持ちはどこから来るのかなぁなんて考えてました。

人にもよると思いますが、僕の中では次の2つが仕事が楽しいって気持ちの根源なのかなと思います。

・日々成長していること

・周囲から認められていること

 

日々成長していること

仕事をしていくうえで、「自分が成長している」と感じられることは大きなモチベーションになるのではないでしょうか?

一昨日よりも昨日、昨日よりも今日と、少しずつできないことができるようになっていく過程って、すごく楽しいものです。

成長する過程で周囲から目が変わったりして。

子供時代はこういう過程の連続ですよね。

大変なことも多いだろうけど、子育って子供の成長の過程を日々目撃できて、それが親の大きなモチベーションになるんだろうなぁ。
(赤ちゃんは自分が成長しているなんてこれっぽっちも考えていないだろうけれど・・・)

 

周囲から認められていること

日々成長していくと、当然周囲からの目が変わってきます。

この過程が最高に気持ちいいです。

少し前までは僕のことを バカに 注意していた先輩と対等に接することができている感じ。

何なら少し頼りにされている感じもする。

きもちぃぃぃーーーー!

見返してやったぞ的な爽快感!

 

<スポンサーリンク>




 

どういうときに転職を考えるか?

じゃあそんなに楽しくなってきた仕事を転職するのってどういうときか?

それは上で書いた2つが満たされなくなった時なのかなと思います。

しかし、中堅以上の人の場合は、経験を積めば積むほど周囲から頼りにされるだろうから、「周囲から認められていること」が理由で転職する人はあまりいないのではないでしょうか?

 

仕事のマンネリ化・・・?

自分の実感でもありますが、サラリーマンとしての成長曲線ってある程度のところでサチってきます。

若いころは全てが知らないことなので、見るもの聞くもの全てをスポンジのように吸収していきます。すごい傾きで成長していくはずです。

ところが経験を積んでくると大体のことは既に知っていることなので成長の傾きが鈍ってきます。

40代、50代になるとどうなんでしょうね?

もう新しいことって無いのではないでしょうか?

だって20年、30年も同じ仕事をやってるのに知らないことだらけってほうがやばいです。

定年まで現状維持で良いならいいですが、それは刺激的な人生ではないかも。

だから僕は「日々成長していること」を実感できなくなって転職を決意する中堅層が多くなってきていると考えています。

幸い世間もずっと同じ会社に勤めあげるという時代ではなくなってきていると感じます。

 

 

僕は今仕事が楽しい、成長できていると感じているので転職はまったく考えていませんが、仕事にマンネリを感じた時に転職を考える時が来るかもしれません。

 

いや、給料2倍になるんだったらすぐに転職するな・・・笑

 

スポンサーリンク