これまでの経緯②(人工授精へ)

スポンサーリンク

 

こんにちは、もと子です(^^)

まずは、治療を進めていくために不妊となる原因を検査しました。
問診、超音波検査、子宮がん検診、血液検査、通水検査、フーナーテスト、精液検査と夫婦ともに検査を行いました。

その結果、私達夫婦の問題点が見つかりました!
それは、フーナーテストが不良だったことです。
ちなみに1回目は0匹・・・2回目は1匹・・・でした。

私の感想は、「タイミングとっても妊娠するわけないじゃん!」
もと夫は、「俺は種なしかぁー」と打ちひしがれていました笑

フーナーテストが不良の場合は、タイミングを続けても妊娠に至る可能性が低いとのことで、人工授精にステップアップすることになりました。

<スポンサーリンク>




私の生理周期は30~33日前後と不安定でしたが、自然排卵できていたので、超音波検査と尿検査で卵胞の様子を確認しながら、人工授精を進めました。

まずは1回目・・・生理きました。
次は2回目・・・・生理きました。
3回目・・・・・・生理きました。

うーん、なんで妊娠に至らないんだろうか。
次第に不安な気持ちと焦りが心にたまってしまいました。
そんな気持ちを持ちつつも、挑戦した4回目・・・生理きました。

院長先生からは、人工授精で妊娠する可能性が高いのは6回目までで、それ以降は妊娠する確率が低下すると説明されていました。

5回目は、少しでも卵子と精子の出会うタイミングを上げるために、クロミッドとhcg注射を服用し、挑戦することにしました。
(ちなみに、初めてhcg注射を体験しましたが、筋肉注射ということでお尻に刺しました。液体が中に入って行く時が痛い!!思わず、うぅって声がでてしまいました)

そして期待大の5回目は・・・生理きました!

妊娠する確率が多いのは次で最後となります。
もしかしたら、それ以降も続けいたら妊娠できたかもしれません。
しかし、先の見えないゴールに期待を寄せ、精神を保ち続けることが私にはできませんでした。

院長先生からは体外授精のステップアップを提案されましたが、そこまで気持ちも追い付いていなかったので、気持ちの整理をつけるためにも、治療をお休みすることにしました。

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。