不妊治療中、夫婦円満が一番大事!

スポンサーリンク

 

 

もと夫です!
前回のもと子の記事に触発されて、夫婦喧嘩がらみで思うこと。

不妊治療はとにかく女性側の負担が大きくて、男性側の負担は驚くほど少ない。

奥さんは自分ばっかり大変なのに、旦那は楽でいいわね、とイライラしてしまう。

気持ちはすっごく良く分かる。

もし自分だったら毎日愚痴のシャワーを浴びせてしまうだろう。

しかし、旦那側が出来ることなんてないので、頑張ろうなんて励ましの言葉を気安く掛けることはできない。

じゃあ、旦那ができることは何か?

それは、、

嫁ちゃんを理解すること。

 

嫁ちゃんのホルモンバランスが安定していてご機嫌なときも、
バランスが崩れてご機嫌斜めなときもあると理解することが大事。

ただ残念なことに、僕はご機嫌斜めな嫁ちゃんに対して、
笑い続けられる仏のような人間ではない。。

嫁ちゃんのご機嫌が斜めになってきたとき、
僕は自分にこう言い聞かせる。

 

ホルモンが悪さをしている

女性は生理前になると、ホルモンのバランスが崩れて精神的に不安定になってしまう。

不妊治療中であれば、治療のストレスも加わりなおさら不安定になることだろう。

これは我々男たちには到底理解できないことだが、
どうすることもできない。

ついさっきまでご機嫌だった嫁ちゃんから不穏な気配を感じる。

僕がしてしまった何かが気に障ったのだろう。

しまった・・・

生理一週間前は、一挙手一投足に細心の払わなければならなかった。

<スポンサーリンク>




 

妊活中・・・夫婦円満のために旦那ができること

早く子供ができるようにするには、
結局夫婦円満でいることが一番の近道だろう。

夫婦円満でいるからこそ、辛い不妊治療もお互いに支えあって乗り越えていこうと思える。

だから、僕が夫婦円満でいるために気をつけていることがある。

 

・ミスをしないこと

嫁ちゃんのホルモンバランスが安定している間は特に気をつけることはない。
問題は生理一週間前から。
この期間にミスをすると、嫁ちゃんの怒りを買い、夫婦喧嘩となってしまう。
ミスというのも些細なもので、電気を消し忘れたとか、話を聞いていなくて同じ質問を2回したとかで、少し気をつければ防げるものばかりだ。

 

・妻が怒るのはホルモンのせいだと考える

これは上でも書いたこと。
あぁ、「これはホルモンが悪さをしているんだ、嫁ちゃんの本心ではないんだ」と思い始めると不思議と腹が立たなくなる。
ただ、これの難しさは嫁ちゃんの怒りは突然やってくるということ。
それに気付かず、ついつい言い返してしまうから難しい。。。

 

・喧嘩の火消しは妻の好きな音楽で

一度夫婦喧嘩が炎上してしまうと火消しするのは難しい。
夫婦喧嘩後の仲直りの方法は各家庭であると思うのだが、
我が家では嫁ちゃんが好きな音楽を流すこと。
怒っている嫁ちゃんも好きな音楽が流れてくると、
自然とトーンダウンしてくる。
その瞬間が仲直りをする好機なのだ!

 

 

こうやって書くことで僕は自分の手の内を嫁ちゃんにさらけ出した。

これを読んで嫁ちゃんが次にどんな手を繰り出してくるのか、、、

楽しみだ。

スポンサーリンク