固定費削減計画①(格安SIM編)

スポンサーリンク

もと夫です!

今回は妊活から離れて節約の話。

絶賛妊活中の我が家は、不妊治療にかかる費用が馬鹿になりません。

ある程度まとまったところで、記事にしたいと思いますが、かなりの金額まで積み上がっています。

不妊治療で出ていくお金が多い以上、他の出費は削っていく必要があります。

さらに以前にも書きましたが、毎月少しずつでも資産運用に回していきたいので、種銭作りのために節約は必須です。

 

ということで夫婦二人で始めました、

固定費削減計画!

数回にわたってお届けする(予定・・・)本シリーズでは我が家で取り組んだ固定費削減の取り組みについてまとめていきます!

栄えある第一回目は「大手キャリアから格安SIMへの乗り換え」です。

ベタすぎますね。

しかし、これが固定費削減計画の一丁目一番地、書かないわけにはいきません。

格安SIMに乗り換えていくら安くなったか?

乗り換え方などは詳しく書いてる方がネット上にはたくさんいるので詳しくは書きません。

結果的には夫婦二人で月3500円くらい。

大手キャリアを使っていた時は二人で月12000円くらいはかかっていたので、月に1万円弱の節約できている計算です。

株の配当金で月1万円と考えると、このインパクトはでか過ぎるー!

<スポンサーリンク>




格安SIMへ乗り換え・・・引き留め工作にハマる

格安SIMに乗り換える際にMNP予約番号をもらうために大手キャリアに電話するのですが、引き留め工作に引っかかってしまいました。。

僕「MNP予約番号を発行してください」

お姉さん「かしこまりました。差し支えなければどちらの会社に乗り換えをご検討中か教えていただけないでしょうか?」

僕「OCNです。」

お姉さん「さようでございますか。しかし、もと夫さまには長年お使いいただいていますので、今なら最新機種(当時は)を3000円で入手いただくことも可能ございますが、いかがでしょうか?」

僕「え?最新機種を3000円?どうしようかなー?」

・・・

ということで、まんまと敵の策略に引っ掛かってしまいました。

新しい機種をもらってすぐSIMロック解除すればいいやと思っていたのですが、調べてみると入手後半年間はロック解除できないとのこと。。

結局、差額約5000円を半年間垂れ流しする結果となってしまいました。。約30000円。。

これだけあれば、そこそこの機種買えたよなー

 

ということで格安SIMに乗り換える際の失敗談でした。

皆さんもぜひお気をつけください!

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。