D12採卵中止 みなとみらい夢クリニック 

スポンサーリンク

こんにちは、もと子です😪

採卵スケジュール通り、生理12日目なので病院に行ってきました。

本来であれば、採卵日を決定するはずでしたが、検査結果が思わしくなかったため採卵中止となってしまいました。

いつも通り、ホルモンの血液検査からでした。
E2(卵胞ホルモン)・・・285
LH(黄体化ホルモン)・・・13.8
前回よりもE2は5倍に増えていました。

その後、超音波検査をしました。
前回目星をつけていた卵胞もちゃんと成長し、大きくなっていました。

排卵誘発剤の効果が出ていると私は思っていたのですが・・・
そうではなかったようです。

最後の診察で、先生から採卵中止について説明がありました。

採卵中止の理由は二つ。
・一つ目は、E2(卵胞ホルモン)の値が半分しかないこと。
・二つ目は、卵胞の1つは13mm→21mmへ成長していたが、その他4つの卵胞が成長していなかったこと

これらを踏まえて考えられるのは、採卵しても卵胞が空砲であるか、あるいは不良卵子の可能性があるため受精しない可能性があるとのこと。

また、その原因として考えられる理由も二つ。
・一つ目は、残留卵胞を消しきれず、消せなかった卵胞が成長してしまったこと
・二つ目は、ホルモンの状態は周期によって変わるので、今回は良くなかったということでした。

採卵中止の場合は、成長させた卵胞を排卵させてあげないといけないので、点鼻薬(スプレキュア)を病院で点鼻することになりました。

今後の治療は、再度ピル(プラノバール)の服用をします。
次の生理3日後に卵胞の状態を見て、採卵するか一周期待つかの判断をするそうです。

体外受精にステップアップしても、すぐ採卵というわけにはいかないんですね。
不良卵子の存在なんて頭になかったから、ショックというよりもあっけにとられたような感じです。

でも、採卵してから卵胞が空砲だったり、受精できなかった理由が分かるよりは今の段階で分かっただけでも良かったと思います。

次回は生理3日目に診察です。
もう一度採卵に向けて準備頑張ります!

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。