D21受精確認① みなとみらい夢クリニック 

スポンサーリンク

 

こんにちは、もと子です🙂

受精確認の日がやってきました。

顕微授精のことでネガイティブモードから抜け出せずにいますが、その先にまだまだ試練があることを忘れていました。

まずは、受精卵となってくれるか。

これが無理だとどうにもこうにもできません。

その次に、着床(妊娠)してくれるか。

最後、染色体異常等で流産あるいは死産せずに無事に出産できるかです。

母親になるまでにはいくつもの山がまだまだあります。

その試練を一つ越えられるかどうかの日となります。

 

さて、今回の採卵で採れた卵子は5個あります。

採卵後、先生からのお話では、受精卵を初期胚(4分割)と胚盤胞の2種に分割して凍結するとのこと。

私の場合は、初期胚(4分割)を2個、胚盤胞を3個で凍結する予定です。

また、みなとみらい夢クリニックでは、受精確認の日に自分で培養室に直接電話をして確認します。

1回目の確認は、採卵後から2日目(9:00~9:30)に指定されました。

 

さあ、1回目の結果は・・・

 

全て受精卵となってくれました!

(説明のため、受精卵は5個できたので①~⑤で記載しますね)

 

 

そのうち、初期胚で2個凍結予定でしたが・・・
受精卵①を1個だけ凍結。

グレードは1~5まであるらしく、受精卵①はグレード1だそうです。
(グレードは1が良好で5が不良のようです)

他のクリニックだとAAとかABとか付くようなのですが、電話で言われたのは数字のみ。省略されてる・・・?

もうひとつの、受精卵②は分割の進み具合が遅いため、翌日まで様子をみるとのことでした。

残りの受精卵③~⑤は胚盤胞になるまで待ちます。

受精卵②の結果を聞くため、翌日の9:00~9:30に2回目の確認をすることになりました。

 

まだまだ、気が抜けません・・・。

スポンサーリンク